本文へスキップ

気仙沼でひらひらしよう かきくけこ計画

かきくけこ計画実行委員会事務局0880-43-4915

NPO砂浜美術館 〒789-1911 高知県幡多郡黒潮町浮鞭3573-5

応援Tシャツfrom日本real estate

応援Tシャツfrom日本
Tシャツアート展の歴代審査員の方や久米繊維さんと、つながりのある方々から応援デザインをいただきました。いつか気仙沼でひらひら。
その時はこのTシャツたちも。。。

梅原 真

梅原真

■グラフィックデザイナー
■第1〜10回・第20回審査員

■高知県生まれ。1998年「砂浜美術館」プランニング。4kmの砂浜にTシャツが「ひらひら」する風景を作りコストのかからない「ゼロ・エミッション美術館」として23年目を迎える。一次産業×デザインで新しい価値を作り地方の風景をキープしたいと活動。

デザインとTシャツを見る


本橋 成一

本橋成一

■写真家・映画監督

■1960年から写真家として活動を始め、現在に至るまで炭坑や魚河岸、上野駅、サーカスなど市井日常の人々をテーマにした作品を数多く残している。1998年、チェルノブイリ原発事故の被災地で暮らす人々を撮影した「ナージャの村」を初監督。以後4本の作品を発表。

デザインとTシャツを見る


黒田 征太郎

黒田征太郎

■イラストレーター
■第14回審査員

■1939年大阪府生まれ。1969年に長友啓典とデザイン事務所K2を設立。イラストレーターとしてポスターや挿絵で数々の賞を受賞するとともに、壁画制作、ライブペインティングなど、幅広いアーティスト活動を展開。

デザインとTシャツを見る


あべ 弘士

あべ弘士

■絵本作家
■第21回審査員

■1948年北海道に生まれる。旭川市旭山動物園飼育係を25年務める。『あらしのよるに』(講談社)で講談社出版文化賞絵本賞、『ごりらにっき』(小学館)で小学館自動出版文化賞、『ハリネズミのプルプル』シリーズ(文溪堂)で赤い鳥さし絵賞をそれぞれ受賞。主な作品『おっとせいおんど』『どうぶつえんガイド』(福音館書店)『ゴリラはごりら』(童話屋)『ライオンのよいいちにち』(佼成出版社)など多数。

デザインとTシャツを見る


酒井 敦美

酒井敦美

■光の切り絵作家
■第23回審査員

■愛知県出身。

デザインとTシャツを見る


フレドリクソン静香

フレドリクソン静香

■チーム埼玉雲丹屋図案係

■1973年岩手県生まれ。地元の高校を卒業してから十数年の間北欧等にて心理学、人類学、民族学等を学び、サラリーマンを経て今に至る。埼玉県在住。風土、歴史、無意識領域を表現できる絵を目指し、現在鋭意研究中。
■埼玉雲丹屋図案社http://uni.mongolian.jp/

デザインとTシャツを見る


baster great

baster great

■手書きTシャツ作家・イラストレーター

■下書き無しにTシャツに直接描き込むというスタイルで全国に熱烈なファンを持つ。繊細な彼女の作品を間近にすると、実はその筆使いが躍動感に満ちているのに驚く。寡作である彼女の手がけた作品を心待ちにしているリピーターは多い。時代を牽引するヘアサロンminxへのグラフィック提供、サキノハカのジャケットデザイン等、その作風に惚れ込んだ方のリクエストで他ジャンルへも進出している。

デザインとTシャツを見る


藤嶋 みやび

藤嶋みやび

■グラフィックデザイナー

■2005年から本格的に活動開始。ロゴ、HP、キャラクター、折込チラシなど販売促進に力を注いでいる。イラストは、シンプルなラインが特徴。東京・山口を中心に定期的に個展、展覧会を実施。周南美術連盟役員。
■みやびらんどhttp://miyabiland.com/

デザインとTシャツを見る


森川 尚美

森川尚美

■グラフィックデザイナー

■1969年熊本生まれ。短大卒業後、デザイン事務所を経て、1996年ART  KITCHEN703設立。2002年デザインユニットnaonaosを結成。グラフィック・イラストレーションをメインにパッケージ、CDジャケット、装丁などデザインワークを展開する。「毎日が少しづつhappy」をコンセプトに、立体作品、空間ディスプレイ、雑貨など制作活動中。CAMK<熊本市現代美術館>コレクション/naomi-chen2006(社)日本グラフィックデザインナー協会、熊本県美術協会所属

デザインとTシャツを見る


J.Iwata

J.Iwata

■絵画講師

■障がい者と喫茶&雑貨工房「Lupinus」を設立。周南美術連盟所属。溺愛ねこちゃんの会事務局。

デザインとTシャツを見る


Keith Suzuki

Keith Suzuki

■グラフィックデザイナー

■静岡県清水市(現静岡市清水区)出身。東京都杉並区在住。多摩芸術学園(現多摩美術大学)芸能美術科卒業。2006年グラフィックデザイナー・イラストレーターとして独立。JMAA理事。

デザインとTシャツを見る


イナアキコ

イナアキコ

■イラストレーター

■横浜在住。セツ・モードセミナー卒。広告、書籍、教科書などのイラスト制作を行っている。見た人が、ほっとできるようなイラストを描くよう心がけている。
■Putilabohttp://putilabo.cside.com/

デザインとTシャツを見る


安部 繭子

安部繭子

■イラストレーター

■神奈川県生まれ。多摩美術大学卒業。出版、広告などさまざまな媒体で活動。挿絵担当書籍に「フェアリートレジャー」(ステップワークス)、「ザ・猛禽類」(誠文堂新光社)、「増補改訂版・鳥 ニューワイド学研の図鑑」がある。

デザインとTシャツを見る
  

増田 真知子

増田真知子

■絵師

■新潟県上越市生まれ。学生時代から市展等に日本画を出展。高校卒業後、多摩芸術学園に入学し、舞台の美術・衣装・照明等を学ぶ。その後、日本画を描き、自らの個展で活動の場を創造していく。その傍ら、遺跡発掘に関わったり、地形模型を作ったり、陶器の絵付けをし、彫刻家(干支の置物や仏像の原型を作る事)のアシスタントとなる。ここまでの間に日本の仏像や時代衣装などへの興味が高まり、浮世絵や仏画からのイメージからのインスピレーションを大いに感じる。1995年頃から、フリーの萬絵師(よろずえし)としてTシャツなどに絵を描き始める。そして、1997年春には、『ちきりや』の絵師として活動を開始し、今に至る。

デザインとTシャツを見る


簾内 文美

簾内文美

■イラストレーター

■ファンシー文具のデザイナーを経てフリーに。その経験を生かし、デザイン委託業務を行っている。アートセラピーのインストラクターでもあり、エンジェルカードやアロマを使用したワークショップを開催。
■ブログhttp://ameblo.jp/fumimi6/

デザインとTシャツを見る


竹本 明子

竹本明子

■イラストレーター

■1998年ヘアデザイナーからイラストレーター&デザイナーに転身。イラスト、グラフィック、プロダクトデザイン、筆文字等を幅広く手がける。また、現代美人画家として、女性の視点から描く美人画を国内外に発表。2003年フィレンツェビエンナーレ初の日本人受賞。(ミックスメディア部門5位)2010年一般社団法人日本メディアアート協会(JMAA)設立。同代表理事。
■ホームページhttp://akikotakemoto.com/
■ブログhttp://blog2.akikotakemoto.com/

デザインとTシャツを見る


藤原 洋一

藤原洋一

■デザイナー

■1978年足立生まれ。清掃員、国際郵便局を経て、独学でデザインの舞台へ。三度の飯より、寝るのが好き。2006年MTV K−SWISS40周年Tシャツコンテスト/ノミネート。2007年青山芸術祭/ノミネート。
■Twitterアカウント XXx_Casper_xXX
■ホームページhttp://www.fjwr401.co.uk/

デザインとTシャツを見る


翼

■イラストレーター

■フリーランスイラストレーター。『笑う門には福来る』をモットーに、かわいくて和めるイラストを制作。得意なのは猫、動物子供など。ファンタスティックで優しい雰囲気に仕上げるのも得意としている。
■ホームページhttp://voyage-tir.com/

デザインとTシャツを見る